急な入用

先日、ものすごく困ったことが起きました。

私は、朝の六時に起床して、歯を磨いてから新聞を取って、それを読みながら朝食を食べるということから一日が始まります。

昨日も、いつものように歯を磨きまして、そして新聞を取ろうとしたところ、一枚のはがきを見つけたのです。

内容は、友人の結婚式の招待状でした。

中学の頃の親友で、いつも一緒に走り回っていた奴でした。

いわゆる、悪友ってやつです。

そりゃあうれしかったですよ。

誰よりも喜んでいるといっても過言では無いほどに。

しかし、そのときの私は金欠だったのです。

そんな金欠の私がご祝儀の為にとった行動は、アコム店舗を利用することでした。

なんとなく良いイメージは無かったのですが、返済も滞りなくスムーズに出来たので、大変感謝しています。

ノーローンの無利息の仕組みは?

ノーローンの無利息の仕組みは、簡単にいえば7日間の間に借入れ&返済により何度でも1週間利息なしでお金を借りる事ができる商品です。

例えば急にお金が必要になった。

これが19日の日だとすると7日間無利息になりますから26日の日まで利息がつかずにお金を借りている事になります。

勿論このまま、来月までお金を借りた状態で返済し続けるという場合は、その26日以降、27日から利息が発生し「返済の元金+利息の返済額を支払う」形となりますが、26日に返済する事により、19日に借りたように1週間再度無利息でお金を借りられるというものになります。

こうした借入、返済を7日の間に繰り返す事により、何度でも1週間は利息なしでお金を借りる事ができる商品なのが、このノーローンです。

要するにノーローンの商品は、急にお金が10万円ほど必要になったという時、借入日から7日間無利息でお金が借りられ、7日後までにお金を返すと無利息のままの返済額を返せばいいというもの。

また完済日の翌月以降は、借入しても最初同様に1週間は無利息なので、ノーローンは何度借りても借り方次第で何度でも無利息でお金を借りられるカードローンであるという事になります。

この何度借りても無利息のカードローンを上手に使いこなすポイントは、借入日の翌日から7日間は無利息で、利息は利用の8日目からなので、これを利用した借入をする事により、完済日の翌月以降はまた、無利息で利用できるので「給料日までの‥」「3日程度の‥」というようなちょっとした際のキャッシングに利用する事により何度も無利息で簡単に借りられます。

このようにノーローンのキャッシングは、1週間で借入、返済を繰り返すことにより利息関係なく借入れ可能なカードローンですから、利用次第では、友人に借りる、知り合いに借りるというような感覚で借入できる利息のかからない非常に便利なカードローンなのです。

いまどき何度借りても無利息で借入可能という商品はノーローンだけだと思います。

 

夫に内緒で主婦キャッシングはできるのか?

仕事を持つ主婦の場合は一般の人と同じ様に、前年度の年収やその他の個人情報に基づいて融資が審査されます。

そして、個人信用情報機関で過去の返済履歴などに問題が無ければ融資が実行されます。

この様に定期的な収入の有る主婦の場合は最初の契約時に業者に念を押しておけば、夫に内緒でキャッシングすることは可能です。

この様に審査条件を満たしている顧客に対しては、主婦に限らず業者のサービスは良いのが世の常です。

業者側はできる限りのことはやってくれます。

また、基本的に夫がキャッシングした場合でも、契約どおりに返済を続けている場合は業者が契約者の妻と連絡を取ることはありません。

従って、主婦キャッシングの場合でも、契約どおりに返済を続けている場合は夫に内緒にしておくことは可能です。

しかし、専業主婦やパート主婦で夫の与信枠を使った配偶者貸付を行った場合は、この限りではありません。

配偶者貸付の場合は夫に内緒にすることを業者は約束できない筈です。

それは融資の実体は主婦ではなくて配偶者の夫だからです。

また、業者によっては契約時に配偶者の同意書を求める業者もありますから、この様な業者では最初から内緒にはできません。

そこで、最も良い方法は、最初に内緒にできるかをハッキリ聞くことです。

内緒にできない場合は、業者の方から融資を断って来る筈だからです。

アルバイトでお金は借りる事が出来るの?

仕事の仕方は人それぞれです。

正社員で働く人もいれば、正社員ではない雇用形態で働く人もいる。

ではこうした正社員ではない雇用形態で働く人はお金を借りる事ができるのか?

勿論、正社員ではない雇用形態で働く方でもお金を借りることは可能です。

ただし、各金融業者では借入するにあたる条件を個々に設けていますので、その条件に合致する事が必要となりますが、アルバイトだからお金を貸さないという事は決してありません。

要は、この各金融業者が設ける申込み条件と合致する事によりお金を借りることは可能なので、バイトの方でもこの申込み条件と合致する事によりお金を借りる事がいくらでも出来ます。

それが例え銀行等でも同じ事が考えられ、銀行は審査が厳しいと言われるところですが、実は銀行でも色々な金融商品を扱っているので、バイトの方でも年収が低めの方でも借入出来る金融商品がきちんとあるのです。

つまり、お金を借りるにはその各金融業者の条件に合うか合わないかで、合わない場合はバイト以外の正社員の方でも、いくら高収入の方でも借りることは出来ないという事なのです。

では、バイトで100万円ぐらいの年収なのにお金を借りる事ができるか?と考えておられる方もいると思いますが、年収100万円台でもそれ以下でも実はお金を借りることは可能です。

仕事があり、法律上お金を借りられる年齢であれば、年収が100万円であろうが、100万円以下であろうが銀行をはじめ、クレジットカード会社からも消費者金融業者からでもお金を借りる事が出来ます。

ただ、銀行での借入れの場合、総量規制の対象外という事もあり、借入れに伴う審査が通る事により借り過ぎてしまう傾向もあるので、その辺は十分に気をつけ計画的にご利用いただく事が必要ですが、バイトの方でもフリーターの方でも金融業者からお金を借りることは可能で、尚且つ比較的簡単に借入する事が出来るのです。

ただし、仕事が長く続かない方で職を転々としているケースの方の場合は、安定かつ継続的な収入が見込めないと判断される場合もあり、こうした場合でのバイトやフリーターという方の借入は難しいと考えておく必要はあります。

銀行からお金を借りる条件って何?

銀行からお金を借りられると、やはり銀行というだけに安心感もあり金利の面でも納得できます。

ではこの銀行からお金を借りる場合どのような条件があるか?

・日本国内に居住している

・20歳~60歳までの方

・安定且つ継続した収入がある(見込みも含め)

・保証会社の保証が受けられる

銀行でお金を借りるためには上記に記載するような条件が必要となりますが、それ以上の厳しい条件はありませんので銀行でお金を借りる条件とは、以前と比べても比較的柔軟なものとなります。

勿論、銀行での融資を受けるにあたり、商品によってもこの柔軟度は異なります。

大口の融資商品になると当然審査も時間がかかりますし、審査自体も厳しいものとなりますが、銀行にはカードローンである目的自由な用途で利用出来るローン商品もあり、この商品を利用する事により年齢や収入源さえお金を確りとしていればお金を借りられる事になります。

つまり同じ銀行からお金を借りるにしても、その金融商品により条件が厳しくなるものとそうでないものがあるので、利用する側はその辺を見極め、急ぎでの要り用ならば条件の厳しくないカードローンを利用する事が早い融資につながるわけです。

銀行からお金を借りるとなると非常に面倒で審査が遅いイメージでしたが、最近は、銀行も色々な金融商品を揃えていますので、お金を銀行で借りたいけど急いでいるという場合は、急ぎに対応できるカードローンの利用をする事によりその「急ぎ&ピンチ」の時にも十分役立てられるという事になります。

尚且つ銀行のカードローンは「年齢と収入源があればどなたでも借入可能」な商品となりますから、主婦の方のお金の要り用にも学生さんのお金の要り用にも役立てられ、どなたでもお金のピンチの際に大変役になってくれる融資商品となります。

銀行の金融商品はこのように借りやすい商品が幾つもありますので、急なピンチの際には大いに活用すべきですが、初めてのお金の借入の際にもこうした審査が柔軟でスピーディーに借入が可能な銀行のカードローン商品の利用がお勧めなのです。