お金を借りようと思った時にまず最初に検討したいのが銀行ですよね!

銀行と言うのは僕のイメージでは 低金利で安心できる存在でした・・・

でも、銀行でお金を借りていくうちに何となくドコで借りても大差ないかな?と感じてきました。

そんなこんなを銀行で借りる条件とともに僕の体験談とお金の借入についてまとめてみました。

title

目的別ローンとカードローンを比較

銀行からお金を借りようと思うと大きく分けて2つに分かれます。(大口の住宅ローンやマイカーローンを除く)ひとつは目的に応じた目的別ローンもう一つは使い道自由のカードローンです。 しかし最近ではカードローンが普及して目的ローンの利用頻度はかなり減ってきています。目的ローンはカードローンと比べるとかなりデメリットも多いためカードローンをおすすめします。

カードローンのメリット・デメリット

メリット
  • お金を借りるまでが早い!
  • 早ければ当日のうちにカード発行されその日のうちに借りることが出来ます。
  • 手続きが簡単!
  • 基本的には来店する必要はありません。ほぼパソコンやスマホで全て完了します。
  • 必要書類がとにかく少ない!
  • 目的ローンの様に見積書や返済計画など出すことはありません。印鑑すら必要ない場合もあります。
  • ネットから24時間申し込み出来る!
  • 356日いつでも申し込むことができますが夜中の場合は処理が翌日になることが大半です。
デメリット
  • 金利が高い場合がある。
  • 手軽さではカードローンの方がはるかに上ですが利用目的によっては目的別ローンを組んだほうが金利が低い場合があります。
  • 最初から高額の融資は難しい。
  • 各銀行のカードローンは300万円以上と高額融資が可能ですが最初から大口が借りれるとは限りません大抵の場合は最初は50万円や100万円くらいの小さな枠から始まり信用がついてくると増枠出来るのが一般的です。 以上の点を踏まえて早いほうがイイ!という方はカードローンを検討されると良いでしょう。

    ネットから申し込みが出来る主な銀行カードローン

    金利 年4.6~14.6% 限度額 最高500万円 融資時間 即日可能
    ■三菱東京UFJ銀行カードローンは審査時間が最短30分なのでスピーディーに借入可能!金利も銀行ならではの低金利で利用しやすカードローンとなっています。

    詳細ページ   公式ページ

    金利 年4,0~14,0% 限度額 最高1,000万円 融資時間 即日可能
    ■みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」はパート・アルバイトや派遣社員だけでなく専業主婦も申込みが可能です。限度額も1,000万円と高く、おまとめにも最適です。

    詳細ページ   公式ページ

    mitui100gif 金利 年4,0~14,5% 限度額 最高800万円 融資時間 即日可能
    ■«三井住友銀行カードローン»なら、金利 年4.5%~14.5% 最高800万円までお申込可能。審査は最短30分。三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

    詳細ページ    公式ページ

    金利 年3.0~17.8% 限度額 最高800万円 融資時間 即日可能
    ■オリックス銀行カードローンは、融資額が最高800万円と高い事から”おまとめ・借りかえローン”として活用する事も可能です。最短即日審査が可能だから急ぎの方も安心ですね。

    詳細ページ   公式ページ

    ※オリックス銀行カードローンは契約(完了)後、最短即日融資可能

    銀行でお金を借りる条件!

    大半の銀行のお金を借りる条件というのは 20歳以上で安定した収入があれば誰でも申し込むことができるのですが 借りれるか借りれないかは審査によって変わってきます。

    利用するローンや金額によっても審査基準が変わってきます。

    最終的には『申し込んでみないとわからない!』というのが答えになるとおもいます。

    僕が率直に感じたのは銀行から借入するメリットってそんなにないように思います。

    僕も実際に住宅ローンと車のローンと銀行カードローンを利用してますがとにかく手続きが面倒くさいです。(カードローンは簡単)

    住宅ローンやマイカーローンなど大口ローンは低金利で借りれるメリットがありますが・・・

    住宅ローンや自動車ローンなどの大口ローンの場合の審査通過の条件

    大口のローンの場合は様々な書類が必要になります。

    住宅ローンの場合ですと
    • 本人確認書類(住民票・免許証・印鑑証明等)
    • 所得証明書類(源泉徴収票・納税証明・確定申告書等)
    • 物件関係書類(工事請負契約書・売買契約書・平面図等)
    自動車ローンの場合 本人確認書類(住民票・免許証・印鑑証明等) 所得証明書類(源泉徴収票・納税証明・確定申告書等) 自動車購入書類(見積もり書・車検書等)

    大口のローンとにかく沢山の資料を集める必要があります。

    審査にも当然時間がかかりますのでそこも頭に入れておく必要があります。

    少額の借入の場合!

    最近では『銀行のカードローンが低金利でイイ』とか『少しの利用なら無利息キャッシングが便利とか』賛否両論ありますが

    僕はどっちでもいいとおもいます。

    肝心なのは

    何に利用するか?

    いついるのか?

    返済はどうするのか?

    この3点で借入先を選ぶのがベストだと思います。

    何に利用するか?

    例えば生活費の場合だと次の給料日に返せそうなので無利息キャッシングでその場を凌ぐことができます。

    毎月の様に生活費が足らなくなり利用するのであれば少しでも低金利を選ぶべきでしょう!

    いついるのか?

    急いでいるのであれば金利よりもスピード感を重視するべきです!書類なども少ないに越したことはありません。

    できるだけ簡単に借りれるトコを選ぶべきです。

    返済はどうするのか?

    一時的に借りるのであれば金利よりも返済のし易さを重視してもOKだと思います。長期的に借りるのであればやはり低金利を選ぶべきでしょう!

    銀行カードローンとキャッシングを比較してみた!

    銀行カードローンの金利

    下限金利 上限金利
    三菱東京UFJ銀行カードローン 年4,6% 年14,6%
    オリックス銀行カードローン 年3.0%~ ~年17.8%
    三井住友銀行カードローン 年4,0% 年14,5%
    じぶん銀行じぶんローン 年2,4% 年17,5%
    楽天銀行スーパーローン 年4,9% 年14,5%
    みずほ銀行カードローン 「コンフォートプラン」 年4,0% 年14,0%
    キャッシングカードローンの金利
    下限金利 上限金利
    アコム 年4,7% 年18,0%
    モビット 年3.0% 年18.0%
    プロミス 年4.5% 年17.8%
    レイク 年4,5% 年18,0%
    アイフル 年4,5% 年18,0%
    ノーローン 年9,5% 年18,0%

    下限金利に関してはどちらとも4%前後なので大差がないのが判ります。少額の借入や初めての借入で重要なのは上限金利です!

    殆どの場合が上限金利が適応されると思います。表を見る限りでは銀行カードローンの方が3%くらい低いので長期的に利用するのであればそちらのほうがお得と言えます!

    3パーセントの違いは返済額にどのくらい影響するのかというと

    10万円を一ヶ月借りた場合の返済額

    年18%の支払い総額 年15%の支払い総額 差額
    50,000円 50,739円 50,616円 123円
    100000円 101,479円 101,232円 247円
    200000円 202,958円 202,465円 493円
    300000円 304,438円 30,3698円 740円
    500000円 507,397円 506,164円 1,233円

    10万円を1ヶ月で返す場合ですと247円の差があります。

    コレを多いと見るのか少ないと見るのかはそれぞれの見解があると思います。

    私の意見で恐縮ですがすぐに返す予定があるならばアコムやプロミスの無利息キャッシングを利用したほうが早くてお得と思います。

    銀行ローン裏話

    僕自身、昔は銀行員の方接する機会は殆どなく銀行の窓口越しで相談する程度でした。

    22歳の頃30万円のバイクが欲しいのでお金を貸してくださいと相談すれば高金利のカードローンを勧められ、それでもバイクが欲しかったのでカードローンに申込ましたが審査に落とされ泣く泣く親父に頼んでローンを組んで貰ったり28歳になりだいぶ信用もついてきただろうと思い住宅ローンを申込をしたがココでも審査を落とされました。そんな僕が今では銀行からお金を借りて下さいと言わすまでの信用をつけることに成功しました!

    その方法はひとつの銀行で定期預金や積立を長期的にして預金額を増やしていきました。

    すると銀行のほうからいろいろな営業に来るようになり投資信託やファンド、銀行カードローンも作ってくれとまで言われました。

    結局、銀行って金利と手数料で成り立っているんで安心しているトコに貸してできるだけリスクがないように貸しているのがよくわかりました!

    本当に勝手なものですよ銀行は!

    美容院開業の流れ|失敗しないサロン作りを支援します!

    biyoinkaigyounagarekaisetu

    美容院を開業する前に、しっかりと美容院開業までの流れを把握する事で経営成功の可能性をアップさせる事ができます。 ご自身がどの様な美容院を開きたいのかをしっかりとイメージして、そのイメージに向けて前準備を整える事でスムーズ・・・

    ビジネスローンの審査に通る為に知っておくべき事とは

    bizironsinsa

    開業資金・運転資金・設備投資金など、ビジネスを行う為には様々なお金が必要になってきます。 自己資金だけでは賄えない時に役立つのが銀行・日本政策金融公庫の事業融資ですが、これらの融資は申込をしてから実際に融資を受けるまでに・・・

    ネイルサロンを開業するまでの流れを1から解説!

    naulsalonkaigyounagare

    ネイルサロンはテナントを借りなくても、自宅の一室を使って開業する事も出来る為、ネイルの技術さえ持っていれば誰でも開業する事ができます。ただ、それだけ新規参入が多く、ライバル店との差別化を徹底しなければ売上が伸びず頭を抱え・・・

    飲食店を開業するまで流れを1から詳しく説明します!

    insyokutenkaigyounagare

    飲食店を開業するには調理師免許が絶対に必要だとか、難しい資格を取らなければ開業出来ないとか、そういった問題は一切ありません。唯一必要になる資格といえば食品衛生責任者の資格で、この資格は研修を受ければすぐに取得できる資格な・・・

    ネイルサロンのオーナーの真の年収とは…。内約を分析!

    nailsaronnensyuu

    ネイルサロンに勤められている方の中には、将来自分のネイルサロンを開きたいと思われている方も少なくはないはずです。 実際、ネイルサロンに就職すると年収は200万円~300万円が平均となり、決して良い給料とは言えないので、そ・・・

    脱サラに挑む!失敗しない為の3つのポイントとは

    datusara3tupointo

    今の職場に不安や不満がある、転職するにしてもまた上司にガミガミ言われる雇われ人生は嫌だ、一度の人生だから自分がやりたい事をして生きていきたい!脱サラして自由に生きてやる!だけど失敗したらどうしよう・・・。 脱サラの事を考・・・

    ラーメン屋を開業する前に!流れと手続きの方法をチェック

    ramennagaretetuduki

    誰もが憧れる脱サラ!脱サラとして人気となっているのが飲食店で、その中でも気軽に開く事が出来るラーメン屋は特に人気となっています。 ラーメン屋を開くための資金の準備は整った!融資を受ける準備も万全!さて、じゃぁまず何からし・・・

    飲食店の開業資金はいくら必要?使える制度と借入先

    insyokukaigyousikin

    飲食店といってもカフェやレストランやラーメン屋等様々なジャンルがありますが、全てのジャンルにおいて平均で500万円~800万円は必要と言われています。 飲食店を開く物件を借りるのにも、通常の居住用の家を借りるよりもお金が・・・

    塾・スクールの開業資金に必要なお金はこれだけ!

    jukusukurukaigyou

    塾・スクールの開業費用の平均は300万円~1,000万円と言われており、他ジャンルの開業資金と比べてみても平均的な金額となっていますが、塾を展開していない地域を見つけ出せば比較的成功し易い業種でもあるようです。 塾には大・・・

    自室型エステサロンの開業費用はどれくらい必要?

    zisituesutesaron

    エステサロン開業資金に必要な金額はどれくらいなのでしょうか? 個人店を開業される方の多くは、店舗型ではなく自室の一室を使った自宅型サロンを開業しています。 もちろん自己資金や融資金額が十分に用意出来ていれば店舗型でも良い・・・

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ