アイフル借り換えローンで月々の返済を軽減しよう!

aifulkarikae

借り換えローンとは、現在お金を借りている金融機関の借金を、他の金融機関から借りて一括返済し、新たに借りた金融機関へ返済していくローンの事です。

基本的に借り換えローンは低金利の金融機関で行うローンですので、金利の高い消費者金融で借り換えをする事はあまりありません。

しかし、消費者金融のアイフルが提供している借り換え専用ローンの「借り換えMAX」は、比較的借り換え利用できるローンなので、借り換えを希望されている方にオススメしたいローンです。

今回はアイフルの借り換えローンに関する詳しい情報を紹介していますので、参考にしてみて下さい。

アイフル借り換えローンの詳細情報

実質年率 融資限度額 遅延損害金 返済期間・回数
12.0%~17.5% 1万円~500万円 20.0% 最長10年(120回)

アイフルの借り換えローンは、アイフルを初めて利用される方限定のローンです。すでにアイフルを利用されている方は利用する事ができませんので、その点は注意しておきましょう。

借り換え対象となる債務

借り換えが行える債務は下記のとおりです。

  1. 銀行のカードローン
  2. 消費者金融や信販会社のキャッシング
  3. クレジットカードのショッピング債務

これらの債務を借り換える事ができます。もし復数の銀行や賃金業者から債務がある場合でも、その全てをアイフル一つで借り換えする事も可能です。(※審査結果によっては全ての債務を借り換えする事ができない場合があります)

アイフルの借り換えローンは、返済を支援するサービスですから、返済のみにしか使う事が出来ません。キャッシングの様に好きな時にATMやWEBを通してお金を借りる事は出来ませんので注意しておきましょう。

借り換えローンに申し込む為に必要な書類

アイフルの借り換えローンに申し込みをする際には下記の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
    (源泉徴収票等)
  • 既存の借入状況を把握できる書類
    (ATM取引明細書・利用代金明細書等)

通常キャッシングは本人確認書類と必要額に応じて収入証明書の提出だけで良いのですが、借り換えローンに関しては、既存の借入状況を把握できる書類の提出が必要になります。

ATMの取引明細書を保存している方は少ないと思いますので、既存借入先のメンバーページで利用履歴を照会してプリントアウトをしたりする手間がかかってしまうので借り換えローンの難点でもあります。

既存借入先の金利が17.5%以上じゃないと損する

アイフルの借り換えローンの最大金利は17.5%ですから、すでに借り入れしている先の金利が17.5%以下の物だと、アイフルで借り換えした場合に支払う金利が逆に増えて損をしてしまう可能性があります。

既存借入先の金利はいくつなのかを再度確認してからアイフルの借り換えローンに申し込みをする必要があるのです。

例えば既存借入先から年利24%で100万円借入した場合、アイフルで借り換えすると、これだけ利息を減らす事ができます。

実質年率 返済回数 返済総額
既存借入先A社 24% 36回 1,412,373円
⇓アイフルで借り換え後⇓
アイフル
借り換えMAX
15.0% 36回 1,247,934円

アイフルの借り換えMAXで借り換えをした場合、約16万5千円も返済総額を減らす事ができます。16万5千円も返済総額を減らす事ができれば、返済回数も少なくする事ができるので、完済までの時間を短縮させる事ができますね。

ただ、アイフルの借り換えローンはあくまでも消費者金融の中で低金利なだけで、銀行カードローンと比べるとやはり高金利設定となっています。

銀行カードローンは最大金利が14.5%前後のものがほとんどですので、できるだけ低金利で借り換えローンを組みたいのであれば銀行カードローンで借り換えをした方が良いでしょう。

銀行カードローンについて

銀行カードローンには借り換え専用ローンというものがあまり存在しませんが、利用用途自由のカードローンがすでに消費者金融の借り換えローンよりも低金利設定となっているので、カードローンを使って借金を借り換えるという方法が主流となっています。

人気の銀行カードローンの金利や限度額については当サイトのトップページで詳しくご紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。

銀行でお金を借りるならコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ