敬老の日に何をあげる?みんなのプレゼントの金額相場

敬老の日

敬老の日は9月の第3月曜日にある祝日です。

みなさんは敬老の日に、おじいちゃんおばあちゃんに何をプレゼントしますか?物も良いですし、旅行に連れていってあげたりするのも良いですよね。

ただ、悩んでしまうのは、どのくらいの価値のものをプレゼントしてあげれば良いのかという点です。あまり高価な物をあげても、孫の財布事を逆に心配させてしまう事もありますから、プレゼントにかける費用のラインは意外と難しいのです。

ここでは、敬老の日にかけるプレゼントの費用はどれくらいなのかについて検証してみたので参考にしてみて下さい。

敬老の日とは?意味と発祥を知る

敬老の日とは、『長年にわたって社会貢献の尽くしてきた老人を敬愛、長生きをしている事を祝う日』です。敬老の日は日本国民の祝日の一つで、9月の第3月曜日が敬老の日と決められています。

敬老の日の発祥は、1947年に兵庫県多可郡野間谷の村長(門脇政夫)と助役(頃安清市)が、『としよりの日』を提唱した事が始まりと言われています。

『としよりの日』には、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という意味合いが込められており、9月15日が『としよりの日』に定められました。その名残から来たのが『敬老の日』という分けです。(※諸説あり)

元々は2002年までは9月15日が敬老の日に定められていましたが、ハッピーマンデー制度の影響によって敬老の日は2003年から9月の第3月曜日に変更されました。

ちなみに、母の日や父の日は海外文化が日本に届いた事で造られた祝日ですが、敬老の日は日本特有の祝日なので、海外の人からすれば珍しい祝日に感じるでしょう。

敬老の日のプレゼント費用の相場

みんなが敬老の日にあげているプレゼントの金額は、平均で3,000円~5,000円となっています。

財布が厳しくなるけど数万円の物をプレゼントしちゃおう!と意気込むのも良いですが、かえって財布の心配をさせてしまう事があるので、3,000円~5,000円の無難な価格の物をプレゼントしてあげるのが良いでしょう。

金額うんぬんよりも、おじいちゃんおばあちゃんにお祝いの気持ちを伝える事が一番重用になりますから、プレゼントと一緒に、お祝いの言葉や手紙をあげると、おじいちゃんおばあちゃんはきっと喜んでくれるはずです!

敬老の日のプレゼントの選び方

プレゼントの相場は3,000円~5,000円ですが、プレゼントって何を選べば良いのか結構迷ってしまいますよね・・・。プレゼントって自分が贈りたい物を購入してしまいがちですが、そのプレゼントが本当に喜ばれるかは分かりませんよね。

プレゼントを選ぶポイントは、『贈りたい物よりも喜ばれる物を選ぶ』ことです。

ただ、喜ばれる物って言われても難しいと思うので、おじいちゃんおばあちゃんが普段している様な趣味や、好きな食べ物などを選ぶと良いでしょう。

よく選ばれているプレゼント

敬老の日によく選ばれているプレゼントといえば以下のとおりです。

◆酒類

ビール・焼酎・日本酒は、おじいちゃんに向けたプレゼントとしてよく選ばれています。日本酒や焼酎を好んで呑んでいるおじいちゃんが居れば、珍しい日本酒・焼酎をプレゼントしてあげれば大喜びされるはず!

3,000円~5,000円出せば、良質な日本酒や焼酎を購入できるのでかなりオススメです。

◆和菓子・洋菓子

やわらかい和菓子や洋菓子も人気のプレゼントの一つです。

注意すべき点は、歳を取ると歯が弱くなるので、硬いせんべい等はNG!また、自分目線で選ぶと甘みの強いお菓子を選びがちですが、甘みの強いお菓子は控えた方が良いでしょう。

おばあちゃんにはバームクーヘンなどの柔らかい洋菓子、おじいちゃんには大福やようかんなどの和菓子が選ばれる事が多いです。

◆花・ミニ盆栽

定番中の定番ですが、プレゼント選びに迷った時には、お花やミニ盆栽を選ぶと良いでしょう。

花屋さんに行けば、敬老の日にどの花をプレゼントしたら良いか教えてもらえますし、ミニ盆栽に関しては、敬老の日の時期になると雑貨屋にプレゼント用のミニ盆栽がたくさん出ているので選びやすいでしょう。

プレゼント失敗エピソード

今回の記事を書くにあたって、様々な方に敬老の日に何をあげるのかについてお話をうかがったのですが、失敗エピソードもたくさん聞く事がありました。そのエピソードを一部ご紹介します。

  • プレゼントしたセンベイで歯を痛めた

おじいちゃんは大のセンベイ好きという事を知っていたので、私も大好きなセンベイをプレゼントしました。おじいちゃんも喜んでくれていたのですが、いつも食べているセンベイよりもかなり硬かったらしく歯を痛めてしまったのです。今度からはセンベイを選ぶ時は柔らかめの物を選ぼうと思いました・・・。

  • 兄弟とプレゼントが丸かぶりした

兄と一緒に田舎に帰って祖父と祖母に兄と同時にプレゼントを渡した時、全く同じ物をプレゼントした事が発覚しました。祖父と祖母は喜んでくれていましたが、明らかに気を使っている感じが伝わり少しショックでした。次からは兄とかぶらない様に確認してからプレゼントを購入しようと思います。

まとめ

敬老の日にプレゼントする物には悩んでしまうと思いますが、喜ばれる物を選んでしっかりと気持ちを伝えれば不満に思うおじいちゃんおばあちゃんは居ないはずです。

無理をして高い物を購入する必要はありませんが、どうしても贈りたいものがあるけどお金がない!と悩む方も居るはずです。

もし敬老の日のプレゼントでお金に悩まれているのであれば、カードローンを使って購入するのも手です。銀行カードローンの中には無利息でお金を借りれるものもあるので活用してみると良いでしょう!

オススメは、5万円までなら180日間無利息で借りれる新生銀行カードローンのレイクです。レイクに関する詳しい情報はコチラでご紹介しているので参考にしてみて下さい。

新生銀行カードローン レイク詳細情報

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ