銀行カードローン|滞納したらどうなるかを段階で解説

借金滞納

銀行には様々なローンがありますが、どのローンでも返済できない場合は何かしらの対処がとられます。

怪我や病気で一時的に返済できない場合は返済期日を伸ばしてもらえる可能性がありますが、給料の減少、ボーナスが無くなる、会社の倒産、事業の失敗、多重債務などの理由で返済できなくなってしまった場合は返済期日を伸ばしてもらう事は難しいでしょう。

返済期日までに返済できないと「滞納」扱いとなり、一定期間滞納が続いてしまうと債務者にネガティブになる対処が行われます。

滞納1~2ヶ月目:手紙・電話で取り立て

銀行で借りたお金を1~2ヶ月のあいだ滞納した場合は、銀行から支払いを催促する旨が書かれたハガキが自宅に郵送で届きます。銀行によっては携帯電話や自宅の電話に催促の電話をかけてくる場合もあり、いずれも無視すると頻繁に催促の電話連絡やハガキが送られてきます。

滞納している事を家族に内緒にしたい場合でも、実家に住んでいると高い確率でバレてしまうでしょう。

また、滞納分のお金には遅延損害利率が適用されます。

滞納3ヶ月目:更なる催促,ブラックリストに載る

1~2ヶ月時点での催促に応じなかった場合は、職場への催促の電話がかかってきます。基本的には個人名で電話をかけてきますが、頻繁に電話がかかってくれば職場の人も借金を滞納していると察してくるでしょう。

また、滞納を3ヶ月継続しまうと信用情報機関に滞納者というネガティブ情報が記録されます。このネガティブな記録の事を一般的にブラックリストと呼んでいます。

ブラックリストに載ってしまうと様々なローンの審査に通りづらくなるなるので、新たに借入をして滞納分を返済する方法を取る事ができなくなります。

滞納3~6ヶ月目:一括返済請求,債権移転

滞納を3ヶ月以上行うと、今まで滞納分の返済を求められていたものが借金全ての返済を求められるようになります。一括返済に応じれない場合は保証会社に債権が移転され、銀行ではなく保証会社である信販会社や消費者金融に返済していかなければなりません。

信販会社や消費者金融は高金利なので、返済負担は更に大きくなっていくでしょう。

また、消費者金融や信販会社には貸金業としてのノウハウが備わっているので、法律に則りつつ厳しい取り立てが行われる場合があるようです。

滞納7ヶ月目~:裁判,差し押さえ

保証会社にも返済できない場合は裁判が行われます。

債権者が裁判所に訴訟をすると、簡易・地方裁判所から呼出状が自宅に送られてきます。裁判所に行く事を拒否すれば強制的に裁判によって支払い命令が下されるのですが、裁判に赴いた場合でも相当な理由が無ければ支払いの判決が下されてしまいます。

裁判での判決内容は、借入残高・滞納分・利息・遅延損害金の全ての一括返済を命じられるものとなるでしょう。

裁判によって下された一括返済にも対応できない場合は最終的に差し押さえが行われます。

給与・預金・車・不動産・株などの様々な財産を強制的に差し押さえられて借金返済のお金に回されてしまいます。差し押さえが行使されれば生活する事も困難になってしまいますので、差し押さえに至る前に借金滞納を重く受け止めて早めに対処する必要があります。

差し押さえられる前に債務整理を行おう

差し押さえに合う前に債務整理を行って借金問題を適切に対応していきましょう。債務整理はどのタイミングでも行えるので、どうしても借金を返済できないと判断した時に行うと良いでしょう。

債務整理には様々な種類がありますので、自分一人で債務整理の手続きを行うのは難しいです。債務整理を検討する場合は、弁護士や債務整理の専門家に相談しながら手続きを進めると良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ