じぶん銀行カードローン【じぶんローン】お金を借りる方法とメリット・デメリット

じぶん銀行カードローン【じぶんローン】でお金を借りる方法や、特徴・メリット・デメリットについての詳しい情報を掲載しています。

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して立ち上げられたインターネット中心で利用出来る銀行です。三菱東京UFJ銀行にはカードローン【バンクイック】という商品があるので、そのカードローンサービスのノウハウを受け継いでいる事もあり、じぶん銀行カードローンは即日融資が可能な商品となっています。

銀行カードローンの中で即日融資が可能なものな限られているので、【バンクイック】や【じぶんローン】は融資速度の早い貴重な銀行カードローンとも言えます。ただ、融資速度は早い反面、消費者金融に近い金利の高さが気になる所です。

ここではじぶん銀行カードローンと他行カードローンや消費者金融のキャッシングと様々な面で比較してみて、じぶん銀行カードローンはどの様な面に優れているカードローンなのか、そしてどのような面で劣っているのかについて検証していますので、お金を借りる為の情報の一つとして役立ててみて下さい。

じぶん銀行カードローン【じぶんローン】の商品情報

カードローン名 金利 融資限度額 審査時間 融資時間
じぶんローン 2.2~17.5%※ 10~800万円 最短即日 最短即日
ATM利用手数料 担保・保証人 学生・主婦 無利息 総量規制
無料 不要 利用可能 なし 対象外

※auユーザーは2.1%~17.4%・auユーザーのみ利用出来る借り換えローンは1.7%~12.5%

利用対象者

満20歳以上70歳未満の日本国内に居住されている方
※外国の方は日本での永住許可を得ている方のみが利用可能
定期的に安定した収入がある方
学生・主婦・派遣社員・アルバイト・パート・年金受給者の方も申込み可能。
普通預金口座をお持ちの方
じぶん銀行の口座である必要はありません。

じぶん銀行カードローンの詳細はコチラ

じぶん銀行カードローンのメリット

✔提携ATM利用手数料が完全無料
利用時間・利用回数・曜日を問わず365日利用可能で借入・返済は手数料無料で利用する事が出来ます。返済回数が多いとATM手数料がかさむので利用手数料無料というのは大きなメリットの一つになりますね。

●提携ATM:セブン銀行 E,net ローソンATM ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行

✔限度額300万円まで収入証明書が不要
銀行カードローンは総量規制対象外ですので収入証明書を提出すべき限度額が定められていません。ですので各銀行は自由な提出不要額を決めているのですが、300万円まで不要というのは銀行カードローンの中でもかなり高めの設定となっているので、収入証明書の提出が手間と思われている方には嬉しい設定となっています。

✔じぶん銀行の口座が無くても最短即日融資可能
じぶん銀行の口座がなくても、どの口座でも最短即日での融資が可能となっています。じぶん銀行口座を作成する手間が一切無いのは嬉しいですね。

✔auユーザーなら金利が優遇される
KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資しているという事でauユーザーなら金利が0,1%優遇されるサービスがあります。auユーザーであるだけで少しでもお得に借りれるのはとても便利ですね。

✔auユーザー限定の借り換えコースが超低金利!
じぶん銀行カードローンの目玉と言っても良いでしょう。auユーザー限定のサービス、【借り換えコース】が年率1.7%~12,5%と低金利でのサービス提供となっています。このサービスについては下記で詳しくご紹介しています。

じぶん銀行カードローンのデメリット

✔金利が消費者金融並に高い
じぶん銀行カードローンの金利は2.2%~17.5%となっており、消費者金融並に高い金利設定となっています。銀行カードローンの売りでもある低金利がじぶん銀行カードローンには無いのが大きなデメリットとなっています。

✔申込方法はインターネットのみ
インターネットでの利用を中心としたじぶん銀行カードローンは申込方法がインターネットしか対応していません。店舗を持たないのでカードを直接受け取ったりする事が出来ないのでカードが郵送されるまでは振込でしか融資を受ける事が出来ないので少し不便ですね。

じぶん銀行と他社の金利と限度額を比較

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 4,0%~14,0% 10万円~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 4,9%~14,5% 10万円~500万円
イオン銀行カードローンBIG 3,8%~13,8% 30万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4,6%~14,6% 10万円~500万円
アコム(消費者金融) 4,7%~18,0% 1万円~500万円
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8% 1万円~500万円
モビット(消費者金融) 3.0%~18.0% 1万円~800万円

圧倒的にじぶん銀行は銀行カードローンの中でも高い金利設定となっているのが分かります。じぶん銀行では融資額別の適用金利が決まっていないのでどの金利が適用されるかがいまいちはっきりしていません。ですので申込する時点では利息がいくらになるのかという重要な所が分からないので事前に計画を建てて申込をされたい方にとっては不便でしかありません。

即日融資が受けれて低金利、そして金利適用表が公式に掲載されている銀行カードローンというと三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。素早く融資を受けたい、事前に計画を建てて申込をしたいといった方にはバンクイックが非常にオススメです。当サイトでバンクイックに関する比較情報ページを作成していますので、こちらも参考にしてみて下さい。⇒三菱東京UFJ銀行カードローン比較情報ページ

収入証明書不要額を他カードローンと比較

 カードローン名  収入証明書不要額
 じぶん銀行カードローン 300万円まで不要
 オリックス銀行カードローン 原則300万円まで不要
 楽天銀行スーパーローン 300万円まで不要
 みずほ銀行カードローン 200万円まで不要
 三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円まで不要
 イオン銀行カードローンBIG 100万円まで不要

収入証明書の提出は限度額300万円まで不要なので、ある程度まとまったお金を借りる場合でも収入証明書を提出せずに済ませる事が出来ます。おまとめローンや借り換え目的で利用される方等にとっても便利な設定となっています。

じぶん銀行カードローンの詳細はコチラ

じぶん銀行カードローン申込方法

■インターネット(24時間申込み可能)
1, スマホ・携帯・タブレット・パソコンいずれかの端末から公式ページに行き申し込む
2, 勤務先への在籍確認後に電話・Eメールいずれかで審査結果報告が来ます
3, 必要書類を提出(アップロード)後に受信したEメールに記載されたURLまたは電話から契約手続きをする
4, 振込での借入が可能!手数料無料で最短即日対応で借りれます。

l_04【借り換えコース】について電話で聞いてみた!

じぶん銀行カードローンには金利が1.7%~12.5%の借り換えコースといった他行と比較しても低金利で借り換えが出来るサービスがあります。しかしこの借り換えコースはau限定割という項目にある商品であって、auユーザー以外は利用出来るのか出来ないのかはっきりとした情報が公式サイトに記載されていなかったので、直接コールセンターに問い合わせてみました。今回はこの疑問点の解明と、じぶん銀行のコールセンターの対応の良し悪しについて記載しています。

電話をかけたのは平日の13時頃でした。
フリーダイヤルだったので「フリーダイヤルにお繋ぎします、しばらくお待ち下さい…ただいま混み合っております、しばらくお待ちください。」というお決まりのパターンで待たされるのかと思いきや、電話をかけて約3秒ぐらいで直接担当者が電話に出て対応してくれました。

担当者「お電話ありがとうございます、じぶん銀行お問い合わせセンター 担当者の◯◯です。」

「少しお聞きしたいのですが、じぶん銀行カードローンの借り換えコースはauユーザーしか利用する事が出来ないのでしょうか?」

担当者「はい、借り換えコースを希望される方はauIDが必要となります。」

「では、携帯のauを使ってる人じゃないと借り換えコースは利用出来ないという事でしょうか?」

担当者「携帯以外にも光回線といったauのサービスを利用されている方はauIDの作成が行えます。auIDを作成されると借り換えコースは利用出来ますが、借り換えコースは限度額100万円を超える方のみが対象になっておりますので、限度額が100万円以下の場合は通常のカードローンの金利が適用されます。」

「なるほど…分かりました、ありがとうございました。」

担当者「はい、他にご不明な点がありましたら何なりとご質問下さい。ご質問ありがとうございました、では失礼致します。」

といった流れで電話は終了しました。

じぶん銀行カードローンの借り換えローンの概要をまとめてみると・・・

・借り換えコースを受けるにはauIDが必要

・auIDを作成するには携帯や光回線といったauのサービスを受けている必要がある

・借り換え希望で審査を受けても100万円以下の限度額になる場合は通常の金利になる

じぶん銀行カードローンの借り換えコースは金利が低くお得だと思ったのですが、auユーザー以外は利用出来ないとなると不便と感じました。しかし、auユーザーの方で借り換えローンを探しているのであれば、じぶん銀行の借り換えコースは充分オススメ出来る商品となっています。

電話の応対は非常に良く、問い合わせへの待ち時間が一切無かったというのが良かったです。

じぶん銀行カードローン【じぶんローン】管理人的まとめ

とにかく金利が高いという点が管理人的には非常に気になっています。消費者金融と大差ない金利でサービス面は消費者金融に劣っていると考えると、少額で融資を素早く受けたいのであればアコムやプロミスを利用した方が良いのではないかと感じました。店舗が無いのでカードが自宅に郵送されますし、会社への電話連絡も回避出来るサービスはありません。バレずに借りたいという方にはオススメ出来ませんし、お得に借りたいといった方にもオススメ出来ません。

とにかく振込で即日融資で借りれる銀行カードローンを探しているというのであれば、じぶん銀行カードローンは利用する価値があるのですが、特に急ぎでない場合は金利の安いバンクイックや楽天銀行といった銀行カードローンに申込をした方が良いでしょう。

じぶん銀行カードローンで注目すべきはやはり【借り換えコース】です。auユーザーの方であれば借り換えコースを利用する事が出来ますので、低金利で借り換えしたい方は要チェックです。

じぶん銀行カードローンの詳細はコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ