住信SBIネット銀行【MR.カードローン】でお金を借りるメリット・デメリット

sumisinsbicap

住信SBIネット銀行が提供するカードローンの【MR.カードローン】は、他行のカードローンを圧倒する超低金利が特徴となっています。

住信SBIネット銀行MR.カードローンには、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類があり、プレミアムコースの金利は年0.99%~7.99%と圧倒的な低金利設定になっています。

コースは審査によって決定されるのですが、プレミアムコースに決定されれば何処よりもお得にお金を借りる事ができるので挑戦する価値ありです。また、最大融資限度額も他行を圧倒する1,200万円という設定なので、様々な用途に使う事ができますね!

この記事では住信SBIネット銀行MR.カードローンの特徴や欠点を分かりやすくまとめてみましたので、利用を検討されている方は参考にしてみて下さい。

住信SBIネット銀行【MR.カードローン】詳細情報

金利(年率) 利用可能額 審査時間
0.99%~7.99%(※) 10万円~1,200万円 最短当日
担保・保証人 無利息期間
不要 ×

(※)所定条件を満たしたプレミアムコースの金利です。

◆利用対象者

・申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下の方
・継続的に安定した収入があること
・外国籍の方は永住権を所持していること
・住信SBIネット銀行が指定する保証会社の保証を受けれること
・住信SBIネット銀行の普通預金口座の保有者であること(※カードローンと同時申込可)

≫MR.カードローンのお申し込みはコチラ

住信SBIネット銀行 MR.カードローンのメリット

sbimerit

■圧倒的低金利で返済負担が小さい

住信SBIネット銀行MR.カードローンの金利は、年0.99%~7.99%という圧倒的な低金利設定になっています。

低金利と言われている他行のカードローンでも最低金利が年3.0%前後、最大金利が年14.0%前後になっているので、低金利の銀行カードローンをお探しの方には住信SBIネット銀行MR.カードローンをオススメします。

ただし、この金利はプレミアムコースの金利となっています。審査の結果でスタンダードコースになった場合は年8.99%~14.79%の金利が適用されてしまうので要注意。

コース 金利(実質年率) 融資限度額 収入証明書
プレミアム 0.99%~7.99% 10~1,200万円 300万円超で必要
スタンダード 8.99%~14.79% 10~300万円 原則不要

◆最大1,200万円の超高額融資に対応

住信SBIネット銀行MR.カードローンは最大で1,200万円の融資に対応しています。

他の銀行カードローンを見ても、1,200万円の高額融資に対応しているカードローンは存在しません。

ただし、契約直後から1,200万円の融資を受ける事はほぼ不可能です。高い利用限度額を獲得するには、契約してから優良な利用実績を作っていって増額してもらう必要があるので、1,200万円という最大融資限度額はあまり気にしない方が良いでしょう。

一般的に個人が銀行カードローンを使って借り入れできる額は年収の3分の1までと言われています。

◆おまとめローンに最適

低金利のカードローンは「おまとめローン」としても活用する事ができます。

すでに借入している先が高金利であったり、複数社から借入をしていると返済負担が大きく上手く借金を返済していく事ができませんよね。

そんな時に低金利の住信SBIネット銀行MR.カードローンを活用すれば、返済の手間を減らせますし支払うはずだった利息を減らす事もできます。こういった低金利の銀行カードローンは「おまとめローン」として活用できるので、とってもオススメです!

◆条件を満たせば金利が優遇される

所定の条件を満たす事で更に金利が引き下げられるサービスが用意されています。

条件 優遇内容
SBI証券に口座がある
or
住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある
0.5%引き下げ
SBIカード所持者のうち、住信SBIネット銀行を引き落とし口座に指定している 0.1%引き下げ

ただでさえ圧倒的な低金利設定になっているのに、更に金利引下げサービスを行っているは驚きですね!

◆所定のATMなら24時間手数料無料で利用可能

イオン銀行・セブン銀行・ローソンATM・E-netのATMを使えば、24時間いつでも手数料無料で借入・返済を行う事ができます。

大手消費者金融や一部銀行はコンビニATMの利用手数料が必要になるのですが、住信SBIネット銀行MR.カードローンは一切手数料がかからないので小金を落とす必要はありません!たかが手数料といっても塵も積もれば山となるですからね・・・。

▶手数料無料のATM一覧

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

≫MR.カードローンのお申し込みはコチラ

住信SBIネット銀行 MR.カードローンのデメリット

sbidemerit

▲申込はインターネットのみ

住信SBIネット銀行はネット銀行なのでカードローンはネットからしか申し込む事ができません。

電話で問い合わせながら申込をしたい方や、インターネットの操作に不慣れな方は申込で苦戦するかもしれません。

▲審査が厳しめ

住信SBIネット銀行のMR.カードローンは、他行のカードローンよりも好条件で借入できる事から審査に厳しさがあるようです。非正規雇用者・勤続年数が一年未満の方・他社借入が多い方は審査で落ちてしまう可能性が高いようです。

ただ、パートやアルバイトでも一応は申し込む事ができるようなので、非正規雇用で確実に審査に落ちるという事はないようです。

MR.カードローンと他社の金利を比較

カードローン名 金利(年率) 融資可能額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
0.99%~7.99% 10万円~1,200万円
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円
じぶん銀行じぶんローン 2.2%~17.5% 10万円~800万円
スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 30万円~800万円
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1.8%~14.6% 10万円~500万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 10万円~500万円

表では人気の銀行カードローンを並べてみたのですが、その中でも住信SBIネット銀行MR.カードローンはずば抜けた金利設定と融資限度額になっています。

支払い負担をできるだけ軽くしたい方や、大口融資を希望される方に住信SBIネット銀行MR.カードローンは強くオススメできます!

Mr.カードローンと他社の融資速度を比較

カードローン名 本審査完了から融資までの時間
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
最短当日※
みずほ銀行カードローン 最短当日
じぶん銀行じぶんローン 最短当日
スルガ銀行カードローン 最短当日
イオン銀行カードローン 約1週間
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
最短当日
楽天銀行スーパーローン 最短当日

※住信SBIネット銀行MR.カードローンを即日融資を受けるには、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要になります。

住信SBIネット銀行MR.カードローンの少し残念なポイントは、住信SBIネット銀行の口座が無ければ即日融資を受ける事ができないという点です。

口座を開設されていない方はカードローンと同時に口座開設を行わなければならないので、カードローンに申し込む時間にプラスして口座開設時間が必要になるので、実際に融資を受けれるのは申込をしてから1週間~2週間は必要になります。

住信SBIネット銀行の口座を持っていない方で急ぎでお金が必要な方は、当行口座不要で即日融資が可能な銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングに申込をした方が良いかもしれません。

≫MR.カードローンのお申し込みはコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ