楽天銀行カードローン【スーパーローン】お金を借りる方法とメリット・デメリット

楽天銀行カードローン【スーパーローン】でお金を借りる方法や特徴・メリット・デメリットについて詳しくご紹介しています。

楽天銀行カードローンは様々な独自のサービスを提供しており、着々と利用人数を増やしている人気の銀行カードローンです。楽天の会員ランクに応じて審査で優遇されたり、金利半額キャンペーンを行ったり、楽天ポイントが付与されたりとメリットが非常に多い銀行カードローンなのですが、この楽天銀行カードローンにも欠点があるのでしょうか?

他社のカードローンと様々な面で比較したり、楽天銀行カードローンのサービスやサービスを受けるための条件といったあまり目の届かない所の情報を分かりやすくまとめて掲載しています。カードローンの利用を検討されている方や楽天銀行カードローンの事を知りたい方等に役立つ情報ですので是非参考にしてみて下さい。

楽天銀行カードローン【スーパーローン】の商品詳細

カードローン名 金利 融資限度額 審査時間 融資時間
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円 最短即日 最短即日
ATM利用手数料 担保・保証人 学生・主婦 無利息
無料 不要 利用可能 なし

楽天銀行カードローンの詳細はコチラ

楽天銀行カードローンの金利適用表

利用額 借入利率(実質年率)
800万円 1.9%~4.5%
600万円~799万円 3.0%~7.8%
500万円~599万円 4,5%~7.8%
350万円~499万円 4.9%~8.9%
300万円~349万円 4.9%~12.5%
200万円~299万円 6.9%~14.5%
100万円~199万円 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

利用対象者

満20歳以上62歳以下の日本国内に居住されている方
※外国の方に関しては日本への永住権・特別永住権をお持ちの方は利用可能
定期的に安定した収入がある方
収入の無い専業主婦の方も利用可能

楽天銀行カードローンのメリット

✔低金利でお得に借りれる
楽天銀行カードローンの金利は4.9%~14.5%という設定となっています。銀行カードローンの中では平均的な金利ですが、銀行ならではの低金利という事には変わりありません。

✔ATM利用手数料が無料
楽天銀行と提携しているATMなら利用手数料無料で借入・返済を行う事が出来ます。コンビニのATMやスーパーに設置してあるATM等も対象ですので身近な場所でお得に利用する事が出来ますね。

手数料無料ATM:ローソンATM、イオン銀行、セブン銀行、三井住友銀行、北都銀行、東京都民銀行、東京スター銀行、栃木銀行、愛知銀行、名古屋銀行、高知銀行、富山銀行、大光銀行 E.net(ファミリーマート・サークルKサンクス・デイリーヤマザキ・コミュニティストア・スリーエフ・ミニストップ・ポプラ・セイコーマート・生活彩家・セーブオン)

✔入会すると楽天スーパーポイントがプレゼントされる
楽天銀行カードローンに申込・入会すると、楽天スーパーポイントが1,000ポイントプレゼントされる上に利用額に応じて最大で30,000ポイントプレゼントされます。ただし、新規に専用ページからの申込で楽天銀行カードローンに契約される方が対象となり、過去6ヶ月以内に楽天銀行カードローンに申込をされている方はポイントプレゼント対象外になります。

■楽天スーパーポイント付与内容

 入会月の翌月捨て時点の利用残高  付与ポイント
 400万円~800万円 30,000ポイント
 300万円~399万円 15,000ポイント
 200万円~299万円 12,000ポイント
 100万円~199万円 10,000ポイント
 80万円~99万円 3,000ポイント
 50万円~79万円 2,000ポイント
 30万円~49万円 1,000ポイント
 20万円~29万円 500ポイント
 50万円~79万円 2,000ポイント

✔学生の方も申込が可能
満20歳以上の学生の方はアルバイト等で定期的な収入があれが利用が可能です。

楽天銀行カードローンのデメリット

✔即日融資を受けれない可能性も高い
楽天銀行カードローンは即日融資は可能ですが、確実に即日融資を受けれる訳ではありません。楽天銀行の口座があれば口座振替依頼書を返送する必要がないので楽天銀行の口座がある方が借入するまでの時間を短縮する事が出来ます。

✔申込方法がインターネットに限られている
他社のカードローンは郵送・店舗・電話・インターネットからといった様々な申込方法があるのですが、楽天銀行カードローンは申込方法がインターネットからのみなので、電話で質問しながら申込をされたい方や、店舗で直接カードを受け取りたいといった方には不便に感じるでしょう。

他社と楽天銀行カードローンの金利を比較

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1000万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円
イオン銀行カードローンBIGd> 3.8%~13.8% 30万円~800万円
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 10万円~800万円
アコム(消費者金融) 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8% 1万円~500万円
モビット(消費者金融) 3.0%~18.0% 1万円~800万円

楽天銀行は銀行カードローンの中でも平均的な金利設定となっています。近い金利だと三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックですが、バンクイックは店舗も構えているのでカードを直接受け取れますし即日融資も可能なので、そういった点では楽天銀行カードローンは劣ってしまうかもしれません。

■インターネット(24時間申込み可能)
1. スマホ・携帯・タブレット・パソコンいずれかの端末から公式ページに行き申込をする
2. 審査結果の連絡がメールで来ます。
3. 勤務先への在籍確認の電話と申込者本人へ契約確認の電話連絡が来ます。
4. 必要書類の提出を行う(郵送か証明書類送付アプリを使って提出)
5. 手続き完了後にカードが発行されます。
6. 口座振替依頼書を返送します。楽天口座の情報を引き継ぎ申込をされた方は不要

楽天銀行カードローン【スーパーローン】の管理人的まとめ

楽天銀行カードローンは銀行カードローンならではの低金利で提供しているのでお得にお金を借りる事が出来ます。即日融資は一応は可能なのですが、即日中に借りれる可能性が高いという訳でも無いので今日中に確実に借りたいといった方にはオススメ出来ません。

また、インターネットのみの申込なのでカードが自宅へ郵送されるので家族に知られたくないといった方にも不便に感じるかと思います。

楽天ポイントがプレゼントされるので楽天でよく買い物をされる方には嬉しいサービスですし、楽天銀行の口座を持たれている方なら素早く融資を受けやすいので便利です。そして楽天会員のランクの高い方は審査が優遇されるので、楽天のサービスをよく利用されている方にオススメ出来る銀行カードローンです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ