モビットでお金を借りる方法とメリットデメリット

モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、モビットはあくまでも消費者金融ですので総量規制の対象となります。モビットはWEB完結を売りにしていて、ネットとメールだけで手続きが出来るので電話連絡なし・郵送物なしで利用する事が可能です。誰かに見られたり職場への電話連絡を回避したいといった場合等に非常に役立つキャッシングとなっています。では肝心な金利や限度額、融資速度はどうなっているのでしょうか?

金利・限度額・融資速度等を他社のキャッシングと比較したり、モビットの特徴やメリットとデメリット等の情報を分かりやすく掲載していますので、モビットの利用を検討されている方やキャッシング・カードローンをお探しの方はここで掲載している情報を参考にしてみて下さい。

モビットの商品情報

キャッシング名 金利 融資限度額 審査時間 融資時間
モビット 3.0~18.0% 1~800万円 ※最短30分 最短即日
ATM利用手数料 担保・保証人 学生・主婦 無利息 総量規制
有料 不要 利用可能 無し 対象

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットの詳細はコチラ

利用対象者

20歳以上69歳以下の方
定期的に安定した収入を得ている方
※専業主婦の方は借入出来ません。

モビットのメリット

✔WEB完結申込が出来るのでバレる心配が無い
申込から利用まですべてインターネットで済ます事が可能です。在籍確認の為の勤め先への電話連絡は無くメールで済ませれますし、入会申込書・契約書類等もインターネット上で交付してもらえるので自宅等への郵送物を一切無くす事が出来ます。もちろんモビットのカードの郵送も無く自動契約機や店舗で受け取る事が出来るので、郵送で家族にバレる心配がある方にとっては非常に助かるサービスとなっています。振込キャッシングの手続きを済ませれば最短3分で自身が指定した銀行口座へ振込をしてもらえ、口座振替で返済も行えるのでうっかり返済を忘れてしまっていたという心配事も無くす事が出来ます。

WEB完結申込をするには対象の口座を開設している事と、下記に掲載しているいずれかの保険証を所持している方がWEB完結申込を行う事が出来ます。

■WEB完結申込が出来る対象者
・三井住友銀行or三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を開設されている方
・社会保険証・組合保険証・船員保険証・国民健康保険証のいずれかを所持している方

■WEB完結申込の流れ
step1. モビットホームページにある【WEB完結申込】ボタンをクリックして記入項目に情報を記入
step2. 記入後はカメラで必要な書類を撮影してアップロードにて書類提出をする
step3. メールにで審査結果の連絡がくる(この時点で融資額が決定されます)
step4. 審査通過後はネットで入会手続きを行う
step5. 手続き完了後、振込で融資を受ける事が出来ます。

※21:00~翌日9:00に申込をされた方は翌日に申込受付となります。
※WEB完結申込はスマートフォン・パソコンからのみ申込が可能です。

✔審査時間が最短30分で即日融資可能だから急ぎの方も安心
モビットは審査や融資の速度が早いので急ぎでお金を借りたい方に活用して頂けるキャッシングとなっています。ただ、30分で借入出来る訳ではなく、申込をしてから審査結果の連絡が最短30分で済み、そこからカード発行が行われ書類返送を行い、手続きが完了になりますので融資自体は最短即日中となっています。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

■急ぎで借りたい方の申込方法
step1. モビットホームページから【カード申込】ボタンをクリックして記入事項に情報を記入して申し込む
step2. 申し込み完了後は画面にフリーダイヤルが表示されるので、電話をかけるとすぐに審査が開始される
step3. 電話にて審査結果の連絡が来るので、審査通過後は電話でそのまま会員登録
step4-a. 振込融資を希望された場合はその場で振込入金をしてくれます。
step4-b. モビットカードでの出金を希望された方は、カード受取方法をローン申込機と指定してモビットの自動契約機に行きモビットカードを発行してもらい受け取り直後から提携のATMから出金する事が可能です。

※当日中の振込融資を希望される方は平日14:50までに振込手続きを完了させておく必要があります。
※自動契約機でカードを受け取る場合は本人確認書類と、「予約番号」が必要になります。

モビットのデメリット

✔金利が高いので返済の負担が大きい
モビットの金利は3.0%~18.0%の設定となっており、消費者金融の中でも平均的な金利設定となっています。銀行カードローンの最大金利は平均は14~15%で、消費者金融はほとんどが18.0%の設定でサービス提供をしています。低金利でお金を借りたいといった方はモビットに限らず消費者金融の利用はオススメ出来ません。

✔総量規制の対象だから年収の3分の1の額までしか借りれない
モビットは消費者金融ですので総量規制の対象となります。総量規制とは賃金業者は貸し手の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはならないという規制となっていて、借りる側からすれば借りたい額を借りれないという少し窮屈な規制ともなっています。総量規制は賃金業法ですので、賃金業者ではない銀行は総量規制の影響を一切受けないため年収の3分の1までという制限はありません。

✔ATM利用手数料がかかる
モビットは借入・返済をATMを使って行う時に利用手数料がかかってしまいます。振込での借入や返済は手数料無料なのですが、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っていなければならないので他の消費者金融や銀行と較べて自由度が低いと言えます。

他社のカードローンの金利と融資限度額を比較

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額
モビット(消費者金融) 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム(消費者金融) 4.7%~18.0% 1万円~500万円
ノーローン(消費者金融) 4.9%~18.0% 1万円~300万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6% 10万円~500万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 10万円~500万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 30万円~800万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 10万円~1000万円

モビット・プロミス・アコム・ノーローンといった大手消費者金融の金利は何処も似たような金利設定となっていますが、銀行と見比べてみると明らかに高い金利設定となっています。

例として50万円を借入して3年かけて返済すると過程して銀行カードローンと消費者金融の金利で計算して返済総額にいくら違いが出るのかを見てみましょう。50万円借りる場合はほぼ隔日に最大金利が適用されますので、消費者金融は18.0%、銀行は14.5%で計算していきます。

消費者金融:月々の支払い18.076円 返済総額650.736円 内利息分150.736円

銀行:月々の支払い17.210円 返済総額619.560円 内利息分119.560円

こうしてみてみると月々の支払は数百円のものですが、3年という月日で利息分が3万円も差が出てくる事が数字にしてみるとよく分かりますね。現在高い金利で借りて返済が長期的になっている方は低金利の銀行カードローンへの借り換えを検討してみては如何でしょうか。

ただ、少額の借入で短期で返済する計画があるのであれば消費者金融でなんら問題はありませんし、サービスが充実しているぶん手間がかからないのでストレス無く利用する事が出来ますね。

l_04収入証明書の提出について電話で聞いてみた!

今回モビットの公式サイトや広告を隅々まで見回してみた結果、他のキャッシングのサイトに当たり前の様に堂々と書かれている【限度額◯◯円まで収入証明書の提出が不要!】といった文字が一切記載されていない事に気づきました。

気になった事はとりあえずコールセンターに問い合わせてみようという事で、早速モビットコールセンターに問い合わせてみました。今回はモビットコールセンターに問い合わせしたやりとりの内容と、コールセンターの対応の良し悪しについて書いていますので是非目を通してみて下さい。

電話をかけたのは平日14時頃でした。
フリーダイヤルで、電話をかけてみると1番:新規申し込み 2番:すでにお申込みの方 3番:その他問い合わせの方 と言われたので3番を選択。

「ただいまお電話が大変混み合っております、そのまましばらくお待ち下さい」。

正直予想はしていましたが、かなり待ちましたよ。そのまましばらくお待ち下さいから5~6分は待ちました・・・。そして男性担当者が電話に出ました。

担当者「お電話ありがとうございます、モビットコールセンター ◯◯が承ります」

「ちょっとお聞きしたい事があるのですが、モビットは収入証明書を絶対提出しなければならないのでしょうか?何処も◯◯万円まで収入証明書の提出が不要って書いてるんですけど、モビットさんは書いてなかったので気になりまして…」

担当者「はい、限度額50万円までは収入証明書の提出をせずに申込も可能ですが、審査によっては50万円以下でも提出をお願いする場合もあります。」

「一応は50万円以下は必要ないんですね!」

担当者「はい、必ず不要という訳ではありませんのでその点はご了承お願い致します。」

「分かりました、ありがとうございました」

担当者「ご質問ありがとうございました、是非ご検討下さい、では◯◯が承りました、失礼致します」

といった流れで電話は終了。

モビットの収入証明書の提出についてまとめてみると…

・50万円までは提出しなくても良いが、審査次第では提出をしなければならないケースもある

という事です。確かにどのキャッシングも審査次第では提出しなければならないケースがあるので、不要!と書いてしまうと話が違うじゃないかとなってしまう恐れもありますので、モビットでは収入証明書不要!とか明記していないのでしょうか…私の勝手な憶測ですが…。

モビットの管理人的まとめ

モビットはWEB完結が可能で即日融資にも対応しているインターネットで申込・利用をするに最適な消費者金融です。自動契約機も各地に設置されているので利便性も高いですし、WEB完結申込を利用する事でプライバシーも守られます。

ただし、消費者金融ですので金利面は期待出来ません。モビットも他社と同じく最高金利は18.0%の設定となっているので借り換えやおまとめローンにも向いていませんし、長期的返済を考えている方にもオススメ出来ません。

低金利でお金を借りたいのであれば銀行のカードローンをオススメします。また、借り換え・おまとめローンを希望されている方やある程度まとまった額の金額の利用を検討されている方にも銀行カードローンが向いていますので、利用用途に応じて使い分けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ